微笑む作業員

家族持ちの悩み

男の人

手当を出す会社が多い

家族を抱えている場合に転勤の辞令があると、単身赴任するか、家族で引っ越すべきなのか悩みます。国家公務員など常に全国各地に転勤があることを前提とした仕事の場合には、家族総出で引っ越すことが一般的になっています。しかし転勤族でない場合には、どちらを選択するのがお得なのか考慮します。もちろん家族で住むことが一番望ましいのですが、様々な問題が生じるため、状況に応じて考えることが大事なのです。単身赴任をする場合、多くの企業では単身赴任の手当が支給されます。また、会社で家賃も負担してくれる場合もあります。年間に何回かの帰省する費用を出してくれる企業もあります。そのため単身赴任のほうが金銭面で楽なケースもあります。

ケースで考慮する

持ち家の場合には、単身赴任を行うほうがお得になるケースが多いのです。もちろんこれは最大限会社が費用を負担してくれるケースの場合です。会社からの負担金が少ない場合には、単身赴任することで二重に家賃を支払う必要があるなどデメリットも生じます。その場合には、家族で引っ越しするほうがお得になります。最近では夫婦で共働きしているケースも少なくありません。その場合は単身赴任する率が高くなります。家族で引っ越す場合にも転勤先での手当てが発生するケースも少なくありません。しかしこの場合には、期間が限定されており、数年間の限定で負担してくれる場合がほとんどです。家賃に関しても全額ではなく一部負担であることが多くなっています。

スムーズに転居するには

ファミリー

気持ちよく新生活をスタートするには、引っ越しの準備、手続きなどを計画的にすることが大切です。家族での引っ越しは、単身引っ越しよりも大規模です。準備を早めに始めれば、費用を安く抑えることにも繋がります。

詳細へ

いざ慌てないために

女の人

人生に引越しはつきものですが、料金だけで業者を比較するのはちょっともったいないかもしれません。オプションも豊富ですし、やり方によったら安くなる方法もあります。比較サイトでは条件を絞った一括比較ができるので、とても便利です。

詳細へ

事前に確認しておくこと

箱を持つ人

引越し業者に見積もりを作成してもらうときは、荷物の量を正確に伝えるようにしましょう。荷物が増えた時に追加料金が発生するのかどうか、キャンセル料がいくらくらいかかるのか等も事前に確認しておくようにしてください。

詳細へ